乾燥していない木材を使うとどうなるの?

無垢材ドットコムは無垢材に関する知識と選択基準を伝えるサイトです。

乾燥していない木材を使うとどうなるの?

乾燥していない木材を使うと、下記のようなことが起こる可能性があります。

(1)木材の収縮に伴い、割れや狂い、隙間、継ぎ目の段差などが起こる。
平衡含水率は使用場所によって違いがあり、建築時含水率と平衡含水率が異なれば、木材には何らかの変形が生じることになるので、十分に乾燥させておく必要があります。

(2)カビや変色菌、腐朽菌、シロアリに犯される可能性がある。
これらは含水率20%以上で起こる現象です。しかし、たとえ建築時の含水率が20%未満であっても、木材に雨水や生活水(風呂や炊事用の水)が直接かかったり、壁内での結露によって木材の含水率が上昇することで、乾燥材でなくなることがしばしばあるので注意が必要です。

(3)強度性能に悪影響を及ぼす。
含水率28%以下では乾燥するほど木材の強度性能は向上します。長期耐力性能および釘や木ネジの保持力は乾燥している木材の方が格段に優れており、乾燥していない木材に釘や木ネジ、ボルトを使用しても、その後の乾燥により木材が収縮することで、釘や木ネジ、ボルトの保持力が低下します。ひどいケースでは木材の接合部分がゆるむことで、家としての結合力が保てなくなり、予め計算されていた強度を保てなくなります。

(4)接着力や塗装性、加工性に悪影響を及ぼす。
含水率が高い状態で塗布された接着剤や塗料が希釈され粘度低下を引き起こしたり、木材組織内への過度な浸透から接着剤の塗布量不足や塗装むらを起こす場合があります。

(5)電気抵抗性、保温性が低下する。
含水率の低下とともに電気抵抗性や保温性が高まります。したがって、木材を電気絶縁材 料、または保温材料として用いる場合には十分乾燥が必要です。

(6)調湿機能が働かない。
木材のもつ調湿機能(吸脱湿機能)は、「木材は常に自己の含水率をその環境条件に応じた平衡含水率になるようにする」という性質によるものですから、乾燥していなければこの機能は働かないということになります。

(7)作業コスト、輸送コストが増大する。
含水率の高い木材は内部に多量の水分を含んでいるため重くなり、作業性が悪いだけでな く、輸送コストがかさむことになります。

その他、乾燥していない木材は乾燥した木材に比べ、“たわみ”の割合が5〜8倍に達することがあり、加重を除いた後も元の状態には戻らないなど、入居後数ヶ月から数年経って現われてきますから、しっかり乾燥させた木材を使うようにしましょう。

Copyright©  無垢材ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート All rights reserved.