葉枯らし乾燥させればしっかり乾燥する?

無垢材ドットコムは無垢材に関する知識と選択基準を伝えるサイトです。

葉枯らし乾燥させればしっかり乾燥する?

よく「葉枯らし乾燥させればしっかり乾燥する?」と言われる方々がいますが、これはあくまで乾燥の前処理であって、葉枯らし乾燥したからといって、しっかり乾燥するというわけではありません。

木造住宅において木材乾燥は最も重要な要素の一つです。

昔は5年、10年といった単位で乾燥させていましたが、今では乾燥にかかる時間やコストを嫌い、わずか半年程度の天然乾燥で生乾きのまま出荷され、使用されています。

葉枯らし乾燥は、山で伐採した樹木を枝葉を付けたまま、林内に2〜3ヶ月間放置し、生材丸太に含まれている水分を葉から蒸散させる方法をいい、丸太の重量を減らし、集材作業や運搬を容易にし、山から製材工場まで運ぶ運搬コストを軽減するという目的で昔から行われてきました。

しかし、残念ながら『樹齢70年、直径25〜35cmの杉、ヒノキの丸太における夏季40〜50日間の葉枯らし乾燥による含水率低下は樹皮に近い外側の白っぽい色をしている部分で50%、中心付近では75%程度にしかならず、その後はほとんど変化しない。

また、秋季・冬季における含水率低下は夏季に比べてさらに遅れ、約3ヶ月間の葉枯らし乾燥でも100%(木材そのものの重量と同量の水分を含んでいるという意味)以下にはならないために、それ以上行っても効果は期待できない』という結果が[昭和61年技術開発試験成績報告書]によって公表されています。

住宅建築に適した含水率(使用場所や気密性等によって違いはあります)にするには、たとえば、一般に使われている柱を採る丸太の乾燥なら少なくとも2〜3年程度は必要であり、年単位で林内に放置しておくと、虫害にあったり、カビや腐朽が進み、建築材料として使用できない部分ができてしまい、多くの無駄を出してしまいます。

また、この葉枯らし乾燥は心材【丸太の中心部に近い赤っぽい色をしている部分で別名「赤身(あかみ)」と呼ばれている】の発色(「渋抜き」という地方もあります)を促すという目的で行っている業者もありますが、数ヶ月程度では心材の含水率を低下させることは不可能で、発色まで期待しようとするなら、年単位の葉枯らし乾燥が必要であるとも報告されています。

つまり、葉枯らし乾燥はその名の通り、葉が枯れるまでの期間行われる運搬コスト削減を目的としたものであり、木材自体に何か劇的な効果が期待できるものではありませんから、あくまで主乾燥の前処理と考えた方がよいでしょう。

Copyright©  無垢材ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート All rights reserved.