含水率150%なんてあり得ない?

無垢材ドットコムは無垢材に関する知識と選択基準を伝えるサイトです。

含水率150%なんてあり得ない?

木材の含水率は100%を超えることも、また150%を超えることも決して珍しいことではありません。

伐採前の樹木にはその材内に大量の水分が含まれていて、これを伐採し大気中に放置しておくと水分は次第に蒸発して行きます。

木材の含水率はJIS【日本工業規格】の Z2101に準じて、木材を100〜105℃の乾燥空気で乾燥させ、定量に達した時の重量、つまり全乾(一切水分を含まない)状態での重量を基準にし、次式で計算されます。

(Wu−Wo)÷ Wo×100=u(%)

Wuは水分を含んだ見かけの重量、Wo は全乾重量、そしてuは含水率を表しています。

たとえば、伐り立て生材の重量が50kgだったとします。その生材を水分を一切含まない状態まで乾燥させ、重量を量ってみると20kgでした。結果、その丸太に含まれていた水分は30kgだったということがわかります。そうすると、もとの生材の含水率は150%だったということになるわけです。

計算式は上記の通り「(伐り立て生材の重量−水分を一切含まない木材の重量)÷水分を一切含まない木材の重量×100」ですから、

この計算式に当てはめてみると、(50−20)÷20×100=150(%)となるわけです。

木材の含水率は一般の物質に含まれている含水率とは表し方が異なり、水分の変化を捉えやすくするために、水分を一切含まない木材そのものの重量を基準にして算出しますから、100%を超える値も出てくるわけです。

国産の杉などでは含水率200%、つまり木材そのものの重量の2倍もの水分を含んでいることもあります。

Copyright©  無垢材ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート All rights reserved.