節は強度には影響を及ぼさない?

無垢材ドットコムは無垢材に関する知識と選択基準を伝えるサイトです。

節は強度には影響を及ぼさない?

も年輪幅同様、強度的性質に影響が大きい項目の一つです。

それは、節があることによって、その周辺の繊維走行が乱れるために、強度を低下させる因子になるからです。

しかし、節が奥深くまで入り込んでいる場合や表面に現われていない場合など、外から見ただけでは大きさや形、数を計量することができないために、使用する木材の強度にどれだけ影響を及ぼすかを定量的に示すことはできません。

ただし、材幅の中央部にある節に比べ、縁にある節は強度低下に大きく影響することが明らかになっています。

特に梁や桁においては、縁にある節が曲がった場合凸になる部分に来ることは避けなければなりません。

また材幅に対し、節径が40%を超える大きな節は構造材には使用できないことになっています。

さらに、一ヶ所に数個の節が集中しているようなケース(集中節という)も使用を避けなければなりません。

したがって、大きな節がある材は節の小さい材よりも強度が劣る傾向にあるため、構造材として使用する材料については、可能な限り節は小さく(材幅に対し、節径20%以下が理想)、数が少ない材料を選ぶようにしましょう。

Copyright©  無垢材ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート All rights reserved.